おはようございます。
今朝は叔父の電話で目が覚めた。
叔父は俺が小さい時 物心がついた時には
俺にとって とても存在感があった。
叔父は当時は独身で
俺におもちゃを買ってくれたり
海や花火、サファリパークへ
連れて行ってくれたり
バイクのタンクに乗せられて
バイクで走ったり
保育園時代には林道を
叔父のセドリックだかグロリアの
ハンドルを握らされて
妹がやめろと後ろから
叔父の髪を掴んでガシャガシャやったり
叔父の家へ行けば
まず耳かきされ
川に魚取りに幾度も行ったり
初めて自動車事故をした時
叔父を呼んでみたり
俺の最初の車が叔父の勤務先の
処分する車だったり
(お前なんか最初はコレでいいだと…
俺は気に入っていた。)
俺がトラクターをタダでもらってきて
一緒に直してくれたりと
とにかく世話になり 
叔父のなかでも唯一ケンカができる叔父で
俺もけっこう言いたい放題だ。

その叔父が俺が作業場を買って
セットで山も買って
叔父が山が好きなのは知っていたので
山の事は内緒にしとこうと思ったら
おふくろがせーせー喋っちゃって
最初っからバレちゃって
場所教えろと言い始めちゃって
叔父は毎年自分のテリトリーで
松茸ごっそり採ってるのは知ってる
叔父の子供達が結婚するまでは
ウチももらってた、それはありがとう。

ただ、俺も叔父がしたように
自分で採って配ったりしたいのだ
叔父がウチで採ったら俺の取り分が
少なくなっちゃうじゃんか。
それを言うと俺に全部やる
採るのが楽しいだけだというが
本当かよ、と思ってる。
俺も教えると言ってみたり
教えないと言ってみたり
叔父にしたらふざけんな状態だろう。
叔父は昔俺が叔父の山へ連れて行けと
言った時 たとえお前でも教えられないと
言われ その事を俺が叔父にいうと 何故か
叔父の姉 ウチのおふくろのせいになる。
それを言われるとどうしようも無いのだろう。

丸5年、俺は松茸を見つけられない。
WEBをみると素人は100%見つけられない
という記事もある。

今朝の叔父
「松茸出てるぞ、
こまめに見に行けよ。
そういう事だから。」
それだけだった。
◯◯は いっそ教えないと
ブーブー言ってたのに。
何か、諦めたのかなぁ。そんなカンジ。
仕方ない、叔父にキノコ狩りを
教わるか、いよいよ。

そんな朝です。