今朝、夢を見た。
嫁さんとボンゴに乗って
知らない細い道に入り込んだ。

袋小路だったのか 
用事が済んだのか
その先を進むのを諦めたのか
ちょっとバックして
切り返してUターンしようと
運転してた俺は
ボンゴをバックさせた…
(夢の中のボンゴはバックした)

細い道が緩くカーブして
カーブの向こうに短い雑草の生えた
ちょっとしたスペースがあった
そこへそのままバックして入り込んで
入ってきた道を前進で戻ろうとした。

ボンゴをその短い草むらに
バックして入って行ったら
そのまま吸い込まれるように
その先が崖だったらしく
ボンゴごと落ちた‼️

ボンゴは結構な傾斜をただ
ひたすら滑り台のように滑っていった。

助手席の嫁に大丈夫だからと言って
2人ともシートベルトはしてたものの
頭を合わせるようにして
嫁は黙って目をつむってジッとしていた。

俺は横転しないでくれと願っていた。
かなりの傾斜で跳ねるように横転してしまったら
ちょっとマズイ…

ひたすら横転しないでくれと
滑り落ちるボンゴが
止まってくれるのを待つが
ただ滑っていくのみで
止まるような気配も無かった…

そこで嫁が「遅れちゃう‼️」
嫁が立ち上がった…
嫁「パパ、今日はバイクじゃないでしょ❓
       一緒に車で行くでしょ❓」
俺「❓」

嫁「今日、雨だっていうよ。」
俺「あ、一緒に行く。」

嫁「遅れないでね‼️わたし今日◯◯当番で
       朝 遅れられないから。」

俺「あー、夢見たぁ。」

ボンゴごと崖に落ちる夢だった。
でもボンゴは横転しなかった。
夢の中でも俺らを守ったのだ。

5B363AF5-E2D9-426C-970B-A1D8AC405B1F
20年前の車とは思えないカッコ良さ
フォグもエアロも無い
シンプルなのが1番いいんだと思う。
(フォグは欲しかった…ヘッドライト暗いんだし…)
コテコテに着飾っても最初は目を引いても飽きてくる
素が良ければ何にもしなくてもイイもんだ。
ま、でもちょっとくらいカッコつけたい…^ ^
 

ボンゴの後継車

IMG_4564

ボンゴのナンバーはデモカーで
もともと付いてたナンバーだった
そのナンバーを希望ナンバーで
cx8が引き継ぐ。
無事故も引き継いでもらいたい。

そしてボンゴと月への旅は
26万キロ越えて
俺のミレニアムファルコン号はcx8となり

ボンゴはディーラーで作ってくれる
モニュメントとやらに姿をコンパクトにして

俺らと一緒にボンゴは搭乗員となって
月への旅が26万キロから引き続き始まる🚀
けど、その世界はボンゴとはまた違う
新しい未体験なゾーンに向かって行くんだと思う。

ボンゴが作った新しい出会いのcx8は
どんなだろうなぁ…

車で落ちる夢っていい夢じゃないみたいだけど
ボンゴだし、悪い夢では無いと解釈してる。

今、嫁買い物中
俺、駐車場で待機中
作業着 今日汚いんだもん。

ハラヘッタ…

  にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村