cx8が納車されて10カ月
最近知ったスイッチがある。

その名も「キックダウンスイッチ」

アクセルべダルを床まで踏み込むと
最後にペダルがスイッチみたいな感じで
「ポチッ」と押し込む感触がある。


考えてみるとちょうど
パワーウインドウを開けるときに
autoで全開にする時にボタンを
押し込んだ時の「カチャッ」
みたいな感触が
アクセルベタ踏みの最後にあるのが
「キックダウンスイッチ」という物らしい。

IMG_0157
なんかバッチーな…

スイッチが入るとギアが落ちて
パワーのある加速をするであろう
そのスイッチ。

スイッチだとは知らず
ベタ踏みにあまりしたことが無かったが
した時にえらい最後グニャと
ペダルがズレたなぁなんて思った事が
あったけども
スイッチの「カチャ」と
入る感触だったみたいだ。

どおりで気持ち良く加速する時と
しない時があるなぁと思ってはいたけど
スイッチを入れたか入れなかったか
何回転から踏み込んだかの
違いがあったようだ。

それを知って
キックダウンスイッチを
・入れるまで踏み込むのと
・入れる手前まで踏み込むのと
に差を知りたくて
最近けっこう踏み込む…

IMG_0158
今度洗おう…

結論から言うと
1500回転くらいから
キックダウンスイッチは入れないで
入れる手前まで一気に踏み込むのが
まだデータ不足だけど
1番加速が得られるような感じがする。
ディーゼルだとスイッチ要らないってカンジ。

う〜ん、
0kmからだったら
どっちがイイか分からない
もしかしたらスイッチ入れたほうが
パワー得られるかも。

それがキックダウンスイッチは
2段くらい落ちてそうで
スイッチ入ると4000回転くらいに
一気に上がるが
そこからだとディーゼルなので
そんなに加速の伸びが無い…

5005


ところが
1500回転くらいから
スイッチが入る手前まで
一気に踏み込むと
1段下がるくらいで
一気に3000回転くらいに
跳ね上がってからの
加速の方がトルクのモリモリ感がある。

でさらにタイトなコーナーとかで
スイッチ手前まで踏み込むと
大きなボディの
カーブの遠心力の重力と
加速の重力と相まって
さらにグイーン‼️といったGを感じる。

トルクが46キロとかスゲ〜車だけど
たぶん普通に競争したら
重いボディに重心も高いし
特別早くはないかも知れないが
ディーゼル特有のエンジンの面白さが
cx8には特にある。

そういえばウチのメインの車は
初代がプロパンガス車グロリアセドリック(だった)
2代目がディーゼルターボ ランサー
3代目もディーゼルターボ ボンゴワゴン
4代目もディーゼルターボ フレンディAFT
5代目がcx8 やっぱり ディーゼルツインターボ
メインの車にガソリン車は無かった。

マツダ車のATにパワーモードの
スイッチがあるのに
cx8のディーゼルには無かったが
ギアを上げても
そんなに面白く無かったんだろうなぁ…

cx8のディーゼルの
キックダウンスイッチは入れない方が
面白い感じがするけど
他の車種でもATなら
キックダウンスイッチが付いてるらしく
ガソリン車だとキックダウンスイッチも
面白いらしいけど
次女のDJデミオはマニュアルなので
そのスイッチは無いので
残念ながら確認できない…

今度
加速度測ってみよう
動画にしてみよう

さてさて寝るぞ〜
おやすみ💤

にほんブログ村 車ブログ カーライフへ
にほんブログ村